外出先で寝る-外出先で寝るための最良のヒント

外出先でよく眠れますか?それほど簡単ではありません!休暇や出張では、体にフィットし、旅行時間を最大限に活用できるようにするために、ぐっすりと眠ることが特に重要です。ここでは、旅行中の睡眠を改善するために何ができるか、途中や目的地で時差があるにもかかわらず、エネルギーに満ちた1日を始める方法を知ることができます。

目次

  1. 旅行中に寝る
  2. 睡眠不足の影響は何ですか?
  3. 睡眠のヒント:旅行中はよく眠れます
    1. 理想的な睡眠環境の作成
    2. 睡眠習慣を維持する
    3. 食事と水分摂取量を観察する
    4. 日光を浴びて動き続ける
  4. 自然なサポート:メラトニンを含む栄養補助食品
  5. 結論

旅行中に寝る

ゆっくりと、しかし確実に、旅行は再び多くの人々の日常生活の一部になりつつあります。車の中で、電車の中で、飛行機の中で、そして目的地自体でも、睡眠はしばしば無視され、それは私たちのパフォーマンスだけでなく私たちの健康にとっても重要です。特に旅行中などの不慣れな状況では、おそらく異なるタイムゾーンを越えて、私たちの睡眠、敏感な睡眠覚醒リズム、そして私たちの体の感覚は強く影響されます。特に時間差を持って旅行するとき、体自身の概日リズム、有名な「体内時計」が乱れ、脱調し、睡眠と覚醒のサイクルが新しい環境での1日の自然な経過に対応しなくなります。その後、私たちの体は新しい状況に適応するためにしばらく時間が必要です。しかし、固定された睡眠ルーチンから逸脱したり、不慣れな睡眠環境や食生活の変化は、旅行中の睡眠を妨げ、眠りにつくのが困難になり、繰り返し睡眠から引き裂かれ、一般的に気分が悪くなる可能性があります。>

睡眠不足はそれにどのように影響しますか?

Schlafmangel auf Reisen

限られた休暇や短い出張をできるだけ賢明に利用するために、旅行者は貴重な睡眠時間を忘れることがよくあります。倦怠感と睡眠不足は、身体の健康と記憶に悪影響を与えるだけでなく、情報を処理する能力を損ない、気分のむら、情緒不安定、注意欠陥を促進します。出張であろうと休暇旅行であろうと、あなたが望まないすべてのもの。

でも心配しないでください!外出先や見慣れない場所での安らかな睡眠をサポートするための4つの簡単なヒントを紹介します。ちなみに、時差ぼけとタイムゾーンの変化の影響を具体的に打ち消す方法をここで読むことができます。

睡眠のヒント:旅行中はよく眠れます

#1理想的な睡眠環境の作成

静けさ、リラクゼーション、快適な睡眠環境は、安らかな睡眠のための重要な前提条件です。私たちの睡眠環境とその匂い、騒音、または部屋の気候は、特に私たちが外出中や「なじみのないベッド」で寝ているときは、すぐになじみがなく、なじみのないように見えます。

外出先
旅行の期間や移動時間によっては、旅行中に車、電車、飛行機で寝ることが避けられない場合があります。機械の音や同乗者などの大きな音は、外出先での睡眠を妨げる可能性があります。耳栓または固定ヘッドホンを使用して、ノイズを遮断し、より平和を見つけることが最善です。タイトな飛行機やチャイルドシートは、快適な睡眠位置を見つけることができないため、安らかな睡眠の邪魔になることもあります。旅行用枕を使用すると、なじみのない横になったり座ったりする姿勢でも快適になり、特に頭痛や首の痛みを防ぐことができます。旅行中に理想的な睡眠環境が常に見つかるとは限りませんが、事前に計画を立てておけば、睡眠マスクを使用することもできます。旅行中に可能です。良好な睡眠の質をサポートし、状況に適した安らかな睡眠を維持します。

目的地で

また、目的地では、多くの要因が私たちの睡眠に影響を与える可能性があります。したがって、宿泊施設の選択は重要です。なぜなら、ここでも、睡眠環境をできるだけ快適にするために、心地よいゾーンを設定できるはずだからです。旅行中に自分の枕を持参すると、慣れ親しんだ睡眠習慣を維持し、ホテルのベッドの快適さを向上させることができます。静かなエリアにあるホテルを選ぶのも良い考えです。このようにして、喧騒が夜にあなたを追いかけないようにし、通りの騒音などの邪魔な騒音なしに眠りにつくことができるようにします。また、就寝前には、特に明るい光(スクリーンライトを含む)を避け、寝室をできるだけ暗く涼しく保つようにしてください(16°C〜18°C)。快適な睡眠環境は安らかな睡眠を促進し、リラックスした一日の始まりを妨げるものは何もありません!

#2睡眠習慣を維持する

賢明な睡眠ルーチンがあなたの睡眠をサポートします!不思議な場所でぐっすり眠るためには、普段の習慣から少しでも外れるように心がけましょう。通常の睡眠時間と起床時間に固執し、通常とほぼ同じ時間睡眠し、その日の最初と最後の食事を通常の時間に食べます。特にタイムゾーンを移動する場合、睡眠の休憩や昼寝が多すぎると逆効果になる可能性があります睡眠の必要性を減らし、目的地での睡眠時間の早めまたは遅めに体が順応するのに役立つ自然な倦怠感を軽減する可能性があります。

#3食事と水分補給に注意してください

旅行すると食生活が変わります。私たちは食べ過ぎて、通常の食事から逸脱する傾向があります。ただし、変更はできるだけ少なくし、ルーチンに忠実であり続けるようにしてください。また、体に余分な負担をかけず、同時に十分なエネルギーを提供できるように、タンパク質と炭水化物ができるだけ豊富な消化しやすい食品を食べるようにしてください。

多くの人は、特に旅行中は十分に飲むのが難しいと感じていますが、特に飛行機に強いドラフトや乾燥した空気がある場合は、体に十分な水分を供給し、脱水症状に対抗することが不可欠です。健康を維持し、新陳代謝を活発に保つために、1日に少なくとも2リットルの水を飲んでください。また、刺激効果があるため、カフェイン入りのアルコール食品は睡眠を妨げ、簡単に眠りにつくのを防ぐ可能性があるため、避ける必要があります。これは、あなたの体がいつものように夕方の夜の準備をし、すぐに眠りにつくのを助ける方法です。

Ernährung und Schlaf auf Reisen

栄養と睡眠の関係について詳しくは、このの記事をご覧ください。

#4日光を浴びて動き続ける

日光は私たちの内部時計を制御し、毎日の睡眠と覚醒のサイクルを調節します。したがって、特に旅行中は、多くの日光を消費することが重要です。これは、身体が目的地でのなじみのない状況に適応するのに役立ち、異なるタイムゾーンを移動するときの時差ぼけを打ち消すことができます。身体活動はまた、内臓のリズムにプラスの効果をもたらし、循環を促進し、急性倦怠感を和らげるだけでなく、夕方に眠りにつくことにもプラスの効果をもたらします。したがって、日中や新鮮な空気の中での運動は常に良いことです。スタート前、旅中、旅後など、アイデアを!

自然なサポート:メラトニン

睡眠ホルモンのメラトニンは、私たちの睡眠と覚醒のサイクルの重要な調節因子であり、眠りにつくプロセスをサポートする効果的な手段であることがすでに知られています。旅行中にメラトニンを摂取すると、より早く眠りにつくことができ、朝の一日に適しています。メラトニンを含む栄養補助食品は、さまざまなタイムゾーンを移動するときの時差ぼけの影響を軽減し、目的地でのなじみのない毎日のリズムに体がすばやく順応するのに役立ちます。メラトニンの効果と栄養補助食品としての使用についてもっと知りたい場合は、ここ

で詳細情報を見つけることができます。

結論

  • 旅行中、困難な横臥および睡眠状態は安らかな睡眠の妨げになります。
  • 旅行中であっても、睡眠環境をニーズや習慣に適合させます。
  • 睡眠習慣と睡眠習慣を維持します。
  • カフェインとアルコールを使わずに、十分に飲んで、タンパク質と炭水化物が豊富な軽食を選んでください。
  • 出発前、途中、目的地:アクティブな状態を保ち、移動して多くの日光を消費します
  • メラトニンを含む栄養補助食品は、自然に睡眠をサポートし、時差ぼけの感覚を軽減することができます。

おめでとうございます。またお会いしましょう!

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に確認されます