神経毒ニコチン-喫煙が睡眠を妨げる理由

喫煙者の睡眠はあまり良くありませんが、なぜですか?タバコの煙とそれに含まれるニコチンは私たちの健康に有害であり、私たちの睡眠に悪影響を及ぼします。ここでは、ニコチンが体にどのように影響するか、そして喫煙が健康的な日常生活を妨げるだけでなく、安らかな睡眠も妨げる理由を知ることができます。

目次

  1. 健康リスク喫煙
  2. 神経毒ニコチン
  3. ニコチンはどのように機能しますか?
  4. ニコチンと喫煙が睡眠にどのように害を与えるか
  5. 概要:睡眠に対するニコチンの効果
  6. より良い睡眠のために煙を出さない

健康リスク喫煙

ドイツ人のほぼ4分の1が定期的にタバコを吸いますが、喫煙は私たち人間にとって回避可能な最大の健康リスクの1つであり、体と精神の両方に深刻な長期的損傷を引き起こすと考えられています。特に主な有効成分であるニコチンは、さまざまな有害な方法で生物に影響を及ぼし、強い依存を引き起こすだけでなく、安らかな睡眠を防ぎ、睡眠障害の発症を促進します。

神経毒ニコチン

smartsleep Schlafmagazin: Struktur des Nervengifts Nikotin

ニコチンは天然に存在する化合物であり、アルコールやカフェインと同様に、いわゆる神経毒の1つです。特にタバコの葉に自然に含まれているため、すべてのタバコ製品やタバコの主要な有効成分の1つです。標準的な紙巻きタバコには最大13mgのニコチンが含まれており、そのうち1〜2mgが喫煙によって直接体内に吸収されます。ニコチンは、人体や神経系のさまざまな領域に刺激を与えるため、さまざまな方法で健康を損ない、睡眠を著しく乱す可能性があります。

ニコチンはどのように機能しますか?

吸入後、ニコチンは数秒以内に脳に到達し、そこでいわゆる報酬系を活性化し、「幸福ホルモン」ドーパミンの産生を増加させます。これは、有効成分の危険な中毒性の可能性の主な原因であるリラックス感と幸福感を引き起こします。ニコチンは素早く作用しますが、同じように素早く分解され、効果を維持するために再度追加する必要があるためです。

smartsleep Schlafmagazin: Die Wirkung und Wirkdauer von Nikotin

ニコチンは理由もなく「神経毒」とは呼ばれていません!ニコチンは主に体内のストレスを引き起こし、ストレスホルモンであるノルエピネフリン、アドレナリン、またはバソプレッシンの放出を刺激します。これにより、私たちの体は非常に警戒され、心拍数と血圧が上昇し、血管が収縮し、神経系が活性化されます。ニコチンを繰り返し摂取すると、私たちの体は何度もストレス状態になります。これは、私たちの神経機能と心臓血管系が長期的に苦しむことを意味します。ニコチンは脂肪代謝と血糖値の調節にも影響を及ぼし、胃腸系に損傷を与え、発がん性物質の活性化を促進するため、それだけではありません。

ニコチンと喫煙が睡眠にどのように害するか

喫煙者は、眠りにつくのが難しく、睡眠が短く、安らぎが少ないと感じています。科学的研究と調査により、これを証明することができました。研究によると、定期的にタバコを吸うと、眠りにつくのが難しくなり、翌朝の睡眠の質と安らぎの感覚が低下し、全体として睡眠が大幅に短くなります。喫煙する被験者の脳活動を調べたところ、禁煙の被験者よりも深い睡眠に費やす時間は比較的少ないが、浅い睡眠状態では長い時間がかかることがわかった。

その理由は確かに、喫煙時に体に吸収されるさまざまな有効成分の相互作用にあります。特に主な有効成分であるニコチンは、神経を刺激し、新陳代謝、ホルモン産生、心臓血管系などの重要な身体機能を損ないます。このようにして、自然な睡眠リズムが乱され、私たちの体が妨げられます。きちんと休んで眠りにつく。さらに、深い睡眠が短くなると、夜間に体と脳が十分に再生できなくなります。最後になりましたが、肺機能と気道も有害な煙に悩まされているため、睡眠中の自由な呼吸が妨げられます。統計的には、喫煙者はいびきをかく頻度が高く、睡眠にも悪影響を及ぼします。

smartsleep Schlafmagazin: Schlecht schlafen und wach liegen durch Nikotin und Rauchen

概要:睡眠に対するニコチンの効果

  • ハードな眠り:ニコチンは神経系を活性化し、体にストレスを与えます。これにより、夕方のリラックスが妨げられ、影響を受けた人がより長く目覚めます。
  • 睡眠時間の短縮/睡眠不足:ニコチンは自然な睡眠と覚醒のサイクルを乱し、夜間の睡眠時間を短縮します
  • 睡眠不足/睡眠の質の低下:神経毒は、特に夜の初めに、睡眠段階の交互に悪影響を及ぼし、全体的な深い睡眠の割合を減らし、睡眠の質を低下させるようです。睡眠の安らぎを和らげます。

より良い睡眠のために煙を出さない

喫煙は私たちの健康に影響を与えるだけでなく、睡眠を著しく損なうことによって健康を損ないます。睡眠障害と不眠症は、の倦怠感、パフォーマンスの低下、日のストレスに悩まされることを確実にします。これはまた、健康に有害であり、睡眠をさらに困難にします-これは、ニコチンのリラックス効果への渇望を増大させます。絶対に避けなければならない悪循環。よく眠れるだけでなく、長く健康的な生活を送るためには、いかなる形の喫煙も控えるか、少なくともニコチンの消費量を最小限に抑えるように努める必要があります。

結論

  • 喫煙は最大の健康リスクの1つであり、生活の質を低下させるだけでなく、睡眠障害や不眠症を促進します。これは健康にも有害です。
  • ニコチンは神経毒であり、タバコ製品の主要な有効成分として、神経機能と心臓血管系に特に有害な影響を及ぼし、依存症の可能性が高くなります。
  • ニコチンは眠りにつく問題を引き起こし、睡眠時間を短縮し、睡眠の安らぎを減らします。

こんにちは、またお会いしましょう!

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に確認されます