覚醒剤カフェイン

覚醒剤カフェインは、倦怠感や集中力の問題に対するよく知られた治療法です。ここでは、カフェインが私たちの体にどのような影響を与えるのか、それが睡眠にどのように持続的な影響を与えるのか、そしてカフェインの摂取が倦怠感の症状を軽減する理由を知ることができます。

目次

  1. ピックアップカフェイン
  2. カフェインとは何ですか?
  3. カフェインはどのように機能しますか?
    1. 効果と投与量
    2. 精神への影響
    3. 体への影響
  4. カフェインのポジティブな特性の概要
  5. カフェインの副作用
  6. カフェインと睡眠
  7. カフェイン消費に関する結論/ヒント

ピックアップカフェイン

一杯のコーヒーは、朝の怠惰や古典的な正午の不調の疲労に対する人気のある応急処置です。しかし、コーヒーの形だけでなく、コーラ、お茶、エナジードリンク、チョコレートでも、多くの人がカフェインを「ピックアップ」として信頼しており、疲労感やパフォーマンスの深刻な弱点との戦いでカフェインを活性化させます。しかし、カフェインとは正確には何であり、よく知られている効果は私たちの体でどのように発生しますか?

カフェインとは何ですか?

Grafik: Chemische Verbindung / Alkanoid / Nervengift Koffein

カフェイン/カフェインは、多くの植物種の葉、種子、果実に含まれるアルカロイドと呼ばれる天然に存在する化合物です。カフェインは、ここでは害虫に対する自然の防御として機能します。たとえば、コーヒーやカカオ豆、茶葉、ガラナやコーラの木の成分などです。カフェインは、人体や神経系に刺激を与えるため、向精神薬とも呼ばれます。コーヒー、コーラ、お茶、エナジードリンクの形で特に人気のあるカフェインは、世界中で最も一般的に消費されている急性倦怠感や集中力の低下の治療薬です。多くのポジティブで爽快な効果に加えて、有効成分はまた、特に間違った投与量で、体と精神にネガティブな影響を与える可能性があり、また私たちの睡眠に直接影響を与える可能性があります。

カフェインはどのように機能しますか?

作用期間と投与量

カフェインは消化によって食物や覚醒剤の形で私たちの体に吸収され、血流に入り、約15〜30分後に効果を発揮し始めます。カフェインのさまざまな効果は、私たちの脳と中枢神経系で特に明白であり、通常は数時間続き、その後ゆっくりと消えていきます。私たちの体が消費したカフェインをどれだけ早く分解するかは、年齢、体重、一般的な健康状態などのさまざまな要因によって異なります。平均半減期は、消費後3〜5時間です。認識できる効果は、約100〜200 mgの単回投与ですでに見られ、カフェインが消費される形態にも依存します。

Grafik: Anregende Wirkung von Koffein durch Kaffee und Tee

精神への影響

カフェインは中枢神経系への刺激効果で広く知られています。この物質は、体自身のメッセンジャー物質であるアデノシンに類似しており、脳内のアデノシン受容体を占有して遮断することができます。アデノシンはエネルギーキャリアATPの成分であり、過剰なエネルギーを使用すると放出されます。次に、倦怠感を知らせ、神経細胞を過度の運動から保護します。しかし、カフェインはこの倦怠感の信号を遮断することができるので、倦怠感の症状を軽減し、私たちの神経は全速力で働き続けます。同時に、カフェインは幸福ホルモンであるドーパミンとストレスホルモンであるアドレナリンとノルアドレナリンの産生も促進します。ドーパミンは神経信号の伝達を促進しますが、アドレナリンまたはノルエピネフリンは血液循環と血圧を上昇させ、脳内の集中力とパフォーマンスを改善します

Koffein für mehr Konzentration, Gedächtnis, Aufmerksamkeit

このように、カフェインは倦怠感を軽減し、神経機能を促進し、前向きな心の状態を促進しながら、精神的な覚醒と覚醒をサポートします。さまざまな研究はまた、適度なカフェインの消費が長期記憶にプラスの効果をもたらし、私たちの脳の貯蔵容量を改善する可能性があることを示しています。

体への影響

カフェインは私たちの脳で機能するだけでなく、生物全体に多くの影響を及ぼします。たとえば、消化を刺激し、腸の動きを促進し、心臓の活動、代謝、呼吸を促進します。そして、人気のある物質を消費した後、私たちの血圧と体温も上昇します。その結果、カフェインは私たちの一般的な身体機能と身体の健康にも影響を及ぼし、運動能力を改善するだけでなく、頭痛や片頭痛を和らげるのにも役立ちます。

カフェインのポジティブな特性の概要

  • 倦怠感を軽減し、注意力を高めます

  • 集中力と注意力を高める

  • 脳の記憶容量と長期記憶にプラスの効果があります

  • 心臓血管系と消化を刺激します

  • 物理的なパフォーマンスを向上させます。例: B.心拍数、代謝、呼吸を加速することによって

カフェインの副作用

よくあることですが、「服用量が毒を作る」という言葉はカフェインにも当てはまります。最大200mg(約2杯のコーヒー)の単回投与と400mg未満の1日量(約4杯のコーヒーに相当)では、カフェインは一般的に成人にとって無害であると考えられています。ただし、特に過剰摂取は、短期的および長期的にいくつかの悪影響を及ぼし、健康を損なう可能性があります。カフェインの過剰摂取の副作用には、頭痛、内面の落ち着きのなさ、過敏性、消化不良、循環器系の問題などがあります。カフェインの消費量が多すぎて、特に遅すぎると、夕方に眠りにつくまでの時間が長くなり、睡眠の持続時間と質が低下するため、睡眠が妨げられます。

Koffein gegen Müdigkeit und Leistungsschwäche

注意:体はカフェインの定期的な摂取に慣れることがあります。そのため、時間の経過とともに顕著な効果が弱まったり、頭痛、吐き気、気分のむら、倦怠感の増加などの深刻な禁断症状が発生する可能性があります。したがって、適度なカフェインの消費を確保し、推奨される1日量を超えないようにすることが最善です。

カフェインと睡眠

カフェインは刺激的で爽快な効果があるため、眠りにつくまでの時間を長くし、睡眠の質を低下させ、一般的に睡眠時間を短縮することができます。それは体の倦怠感の信号を遮断し、神経活動の増加につながります。これにより、特に夕方には、リラックスしたり、シャットダウンしたり、よく眠ることができなくなります。さらに、向精神薬は睡眠ホルモンメラトニンの生成に影響を与え、睡眠と覚醒のサイクルを変えることができます。科学的研究では、睡眠前のカフェイン消費量の増加により、回復に不可欠な深い睡眠段階が減少し、睡眠がより困難になることも観察されています。カフェインは私たちの睡眠を落ち着かせるだけでなく、睡眠不足を促進し、その結果、日中の倦怠感を高める可能性があります。このの記事で、私たちの食事と個々の栄養素がどのように影響するかを学びましょう。睡眠。

ヒント: 1日の投与量が多すぎないことを確認し、せいぜい就寝の4〜6時間前にカフェインを含む食品を避けて、刺激効果がなくなり、カフェインができるようにします。夜寝る前に十分に分解してください。

カフェイン消費に関する結論/ヒント

  • 適度に楽しんでください!成人の場合、一度に最大200 mg、1日あたり最大400mgのカフェインが安全であると見なされます。経験則:1日あたり体重1キログラムあたり最大5.7ミリグラムのカフェイン
  • カフェインは急性倦怠感の効果的な興奮剤ですが、健康的な睡眠パターンの代わりにはならないため、午後または就寝前の最後の4〜6時間はカフェインを避けてください。
  • コーヒー、お茶、エナジードリンクのカフェインは、さまざまな速度で私たちの体に影響を与えます。たとえば、清涼飲料に含まれる糖分が多いと、脳内での物質の吸収が速くなりますが、お茶に含まれるカフェイン(テイン)の効果はゆっくりと現れますが、長続きします

おめでとうございます!

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に確認されます