音楽はあなたが眠りにつくのを助けますか?

眠りにつくトラブルは、最も一般的な睡眠障害の1つであり、通常、ストレスとリラクゼーションの欠如に起因する可能性があります。心地よい音楽や穏やかな瞑想は、ストレスに関連した眠りにつく困難に対する効果的な治療法と考えられています。ここでは、音楽が本当に眠りにつくのにどのように役立つか、そして特定の音がどのように睡眠にプラスの影響を与えることができるかを知ることができます。

目次

  1. 眠りにつくトラブル
  2. 睡眠中の聴覚
  3. 音楽の効果
    1. これは音楽が体と心に与える影響です
    2. 音楽が睡眠に与える影響
  4. 結論

眠りにつくトラブル

ドイツ人の5人に1人は睡眠障害に苦しんでおり、私たちの生活の質、日常生活、パフォーマンス、健康に多くの悪影響を及ぼしています。不規則な睡眠と覚醒のサイクル、ストレス、または間違った睡眠環境は、夜の再生を妨げたり、そもそも安らかな睡眠をとることを妨げる可能性があります。特にストレスは夕方のリラクゼーションを妨げ、疲れているのに眠りにつくのが難しいという事実の原因となることが多いからです。就寝後、定期的に30分以上眠りにつく場合、専門家は眠りにつく問題について話します。睡眠障害に関する詳細情報とヒントは、ここ

にあります。

多くの家庭薬が自然に眠りにつくプロセスを促進することが知られており、音楽を聴くことは、落ち着いて眠りにつく気分になるための効果的な方法でもあります。しかし、音楽は本当にあなたが効果的に眠りにつくのを助けることができますか?

睡眠中の聴覚

睡眠中、私たちの脳はオーバードライブ状態にあり、私たちの感覚は活発なままです。このようにして、私たちの聴覚は、睡眠中および睡眠中に私たちの環境の音響刺激にも反応し、知覚された信号を脳に転送します。ノイズ、ノイズ、その他の音響信号により、神経系が活性化され、睡眠を妨げる傾向があります。そのため、一般的に、できるだけ静かな睡眠環境が推奨されます。では、音楽は睡眠にプラスの効果をもたらすことができるでしょうか?

音楽の効果

これは音楽が体と心に与える影響です

Hirnaktivität im Schlaf: Musik aktiviert das limbische System

特定の種類の音楽が私たちに与える影響は、通常、非常に個人的なものであり、音楽に対する私たちの個人的な好みによって異なります。音楽は基本的に私たち人間にさまざまな方法で影響を与え、私たちの気分と幸福に心を落ち着かせると同時に刺激的な効果をもたらす可能性があります。これは、音楽の音に対する私たちの自然な感情的な反応によるものです。これらは私たちの脳の感情を形成する大脳辺縁系を活性化し、したがって、例えば、ストレス緩和ホルモンの放出を促進します。研究によると、音楽を聴くことは私たちの身体の健康にも影響を及ぼし、とりわけ心拍数、呼吸数、血圧、筋肉の緊張に影響を与えることが示されています。穏やかでメロディックなサウンドイメージは、ポジティブな感情を活性化し、血圧と脈拍を下げ、呼吸を遅くすることにより、特にストレスのある状態で、精神的および肉体的なリラクゼーションを促進することができます。

音楽が睡眠に与える影響

興奮とストレスが眠りにつく過程を妨げるので、寝る前に落ち着いて十分にリラックスすることが重要です。眠りにつくときに心地よい音楽や心地よい音楽に集中すると、睡眠環境からの不快な刺激や、感情的および肉体的なレベルでの否定的な考えや感情がより簡単に消えていく可能性があります。これは落ち着き、リラクゼーションを促進し、邪魔されずに眠りに落ちるプロセスをサポートすることができます。

Entspannung und schnelles Einschlafen mithilfe von Musik & Klängen

眠りにつくためには、通常、過度の動的な変化や突然の音の変化を含まない、落ち着きのあるゆっくりとした歌やリズムに焦点を当てる必要があります。特にノイズが目立つ場合、脳は非常に迅速かつ迅速に反応します。そうでなければ静かな音の環境は私たちを警戒させ、それは眠りに落ちるプロセスを混乱させ、私たちを目覚めさせます。睡眠のどの段階にあるかによって、刺激に対する聴覚の感度は異なります。これは、眠りに落ちている間に心地よいと感じられる音楽は、後で睡眠を妨げ、目覚めにつながる可能性があることを意味します。

ヒント:タイマーまたはタイマー機能を使用して、しばらくしてから音量を下げるか、音楽を完全にオフにしてみてください。

音楽はあなたが眠りにつくのを助けることができますか?

音楽が最終的に効果的な睡眠補助として機能するかどうかは人によって異なり、基本的に私たちが目を覚ましている理由と睡眠中の外部音響刺激に対する感受性に依存します。心を落ち着かせる効果があるため、瞑想だけでなくメロディックで落ち着いた音楽は、通常、ストレスやリラクゼーションの欠如を打ち消し、落ち着いた眠りにつくプロセスを伴うのに適しています。リラックスできる音やメロディー、またはお気に入りの曲を聴くことは、リラックスして安らかな睡眠をすばやく見つけるために、夕方のルーチンに簡単に統合できます。

また興味深い:食事が眠りに落ちることにどのように影響するか


結論

  • 聴覚は睡眠中の音や騒音も処理するため、一般的に静かな睡眠環境が推奨されます。
  • 音楽は人々に個々の影響を及ぼし、感情システムを活性化し、脈拍、心拍数、呼吸などの重要な身体機能に影響を与えます。
  • 穏やかなメロディーや瞑想は、睡眠前のリラクゼーションを促進し、眠りにつくプロセスを促進することができます。

おめでとうございます。またお会いしましょう!

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に確認されます