フレグランス&スリープ

アロマセラピーとフレグランスセラピーは、ストレス、リラクゼーションの欠如、睡眠障害に対する効果的な方法と考えられています。ここでは、特定の香りが私たちの睡眠にどのように影響し、どのアロマが私たちがより安らかに眠るのに役立つかを知ることができます。

目次

  1. ストレス、リラクゼーション、睡眠
  2. 睡眠中の私たちの匂いと香り
  3. アロマテラピー:より良い睡眠のためのエッセンシャルオイル
  4. 安らかな眠りに欠かせない3つの香り
    1. ラベンダー
    2. スギまたはサンダルウッド
    3. バームバーム
  5. リラックスしてよく眠れる
  6. 結論

ストレス、リラクゼーション、睡眠

ますます多くの人々が睡眠障害に苦しんでいるか、定期的に睡眠が少なすぎますが、十分で良い睡眠は私たちの日常生活と健康的な日常生活の最も重要な基盤です。特にストレスとリラクゼーションの欠如は、私たちの健康だけでなく、私たちの睡眠にも有害であり、待望の夜間の再生が妨げられることを確実にします。就寝前にストレスを感じると、体が実際に休む必要があるときにコルチゾールレベルが正確に上昇します。これはしばしば眠りに落ちる問題につながり、落ち着きのなさや集中力の障害を促進し、それが今度は睡眠に悪影響を及ぼします。

心と体が十分に回復し、朝起きて本当に休むためには、早めに、特に夕方に休んでリラックスする必要があります。瞑想、音楽、または実績のある夜の読書は、私たちの感覚に積極的に訴え、ストレスを軽減する人気のある方法です。しかし、特定の香りと香りは私たちを落ち着かせ、私たちがより良くそしてより安らかに眠るのを助けることができますか?

睡眠中の私たちの匂いと香り

私たちの感覚は常に活発で忙しく、知覚された刺激を私たちの環境から中枢神経系を介して脳に伝達し、そこでさらに評価されて処理されます。私たちが吸い込むと、香りは鼻粘膜の嗅覚受容体に到達し、特定の刺激を引き起こします。これらの刺激は、私たちの脳、とりわけ感情や感情の原因となる「大脳辺縁系」に渡されます。このように、嗅覚は身体的および心理的反応の両方を引き起こし、感情を喚起し、または私たちの感情的な記憶の一部になることができます。

夜でも匂いが完全に消えるわけではありません。しかし、科学的研究によると、私たちの嗅覚に対する感受性は夕方(午後9時頃)に最も強く、夜は早朝まで最も弱くなります。これは、重要な再生と処理のプロセスが脳で行われている間、私たちは夜よりも就寝前の数時間で香りや匂いに強く反応することを意味します。

Junge schlafende Frau liegt entspannt im Bett

フレグランスは、リラックス効果があり、ポジティブな感情や記憶を誘発するため、睡眠に特別な効果があります。ポジティブな感情は、エンドルフィンや「幸福ホルモン」セロトニンなど、特定のメッセンジャー物質が脳内に放出されることにつながります。一方では、セロトニンは神経系を落ち着かせる効果があり、睡眠ホルモンのメラトニンの前駆体として、健康的な睡眠と覚醒のサイクルに不可欠です。特に就寝前の特定の匂いの知覚は、睡眠の準備を最適化し、眠りにつくのをサポートするのに役立ちます

アロマテラピー:より良い睡眠のためのエッセンシャルオイル

アロマテラピーは、何世紀にもわたってエッセンシャルオイルの自然で治癒効果に依存してきたハーブ医学の一部です。これらは、特にキャンドル、アロマオイル、ボディオイルまたはバスの形で、香りやケア物質として匂いや肌から吸収されます

いくつかの研究では、落ち着き、リラックス、ポジティブな気分に関連する特定の本質的な香りが、身体的および精神的状態にプラスの影響を与えることが示されています。とりわけ、彼らはストレス、緊張、不安を軽減するのに役立ちます。これらの要因は私たちの睡眠の質に直接関係しており、眠りにつくのが難しいことや睡眠障害の原因となることが多いため、アロマテラピーは健康的な睡眠をサポートすることができます。

安らかな眠りに欠かせない3つの香り

ラベンダー

Lavendelstrauch, Duftkerze und Lavendelsalz bei einem entspannten Bad

ラベンダーはアロマテラピーの古典と見なされており、何世紀にもわたって、眠りに落ちる問題、内面の落ち着きのなさ、またはその鎮静効果による恐怖の自然療法として知られています。 植物の香りは、不安を和らげ、緊張を取り除き、心の平安を促進するのに役立つことが証明されています。

ラベンダーには200以上の植物性物質が含まれており、体内のストレスホルモンの放出を減らし、神経系を負の刺激に圧倒されるのを防ぎ、心拍数と血圧を落ち着かせる効果があります。同時に、幸福ホルモンのセロトニンの生産が影響を受けます。ラベンダーは私たちの気分と夕方のメラトニン合成にプラスの効果をもたらし、健康的な睡眠と覚醒のサイクルをサポートすることができます。

杉と白檀

Glasflasche mit ätherischem Öl aus Zedernholz und Sandelholz

通常スパイシーで独特であると認識されているサンダルウッドの香りは、バランスをとる効果があり、幸福を促進し、感情や思考にプラスの影響を与えるのに役立ちます。サンダルウッドは、伝統的なインドのアーユルヴェーダで何十年にもわたって使用され、緊張と落ち着きのなさを和らげ、安らかな睡眠のための最適な状態を作り出すのに役立ちます。

また、香りのよい杉油は睡眠を誘発する効果があるとも言われています。香りは神経を強化し、いくつかの研究ではより早く眠りにつくのに役立つ可能性があります。

バームバーム

Ätherisches Öl und Blätter der beruhigenden Melisse

レモンバームは、不眠症を緩和するための実証済みの治療法でもあります。レモンバームの香りは、抗菌作用と血圧降下作用があるだけでなく、心を落ち着かせる効果が証明されており、ストレス、神経質な緊張、ネガティブな気分を和らげます。このように、レモンバームのエッセンシャルオイルは、夕方に神経活動が遅くなり、ストレスや不安の信号があまり強く認識されず、リラックスしてよく眠れるようにすることができます。

リラックスしてよく眠れる

多くの研究で、エッセンシャルオイルを使った儀式がリラクゼーションをサポートし、長期的に睡眠の質を向上させることができることが確認されています。特に精神的または肉体的なストレスが睡眠を妨げ、眠りにつくのを困難にする場合、エッセンシャルオイルの自然な効果の助けを借りて、就寝前の的を絞ったリラクゼーションをサポートすることができます。考えられる多くの用途の中で、ラベンダー、サンダルウッド、その他の薬用植物の香りは、部屋の香りや香りのキャンドルの形で特に人気があります。

より多くのリラックスする植物抽出物を発見するか、眠っているベリーパッションフラワーの鎮静効果についてもっと知りましょう。

ヒント:心地よい香りの体験と可能な限り最も効果的な効果を得るには、使用する植物性物質の品質と起源にも注意を払う必要があります。

結論

  • 嗅覚は私たちの体と精神に影響を与え、神経系に対処し、感情や記憶を呼び起こすことができます
  • 特定の香りは、ストレス、緊張、緊張、不安を和らげ、眠りに落ちて眠り続け、睡眠障害を軽減するのに役立ちます
  • ラベンダー、スギ材、白檀、レモンバームのエッセンシャルオイルは、リラクゼーションに特に有益な効果があり、安らかな安らかな眠りをサポートします

おめでとうございます。またお会いしましょう!

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に確認されます