アシュワガンダ-一目でわかる薬用植物

アシュワガンダ-スリーピングベリーとしても知られる薬用植物は、私たちの健康、パフォーマンス、精神、睡眠に多くのプラスの効果をもたらす多目的なスーパーフードと見なされています。ここで、眠っているベリーが実際に何であるか、そしてそれらがどのようにリラクゼーションと睡眠を促進するかを知ることができます。

目次

  1. アシュワガンダとは何ですか?
  2. アシュワガンダ植物の成分と効果
  3. アシュワガンダ植物の陽性特性
  4. アシュワガンダとストレス
  5. アシュワガンダと睡眠
  6. アプリケーションと取り込み
  7. 結論

アシュワガンダとは何ですか?

Ashwagandha: Heilpflanze des Ayurveda

伝統的なアーユルヴェーダ医学では、アシュワガンダ植物は何千年もの間、認知能力と身体能力を改善し、ストレスを軽減するだけでなく、より良い睡眠を確保すると言われている、用途の広い自然療法と見なされてきました。

アシュワガンダ植物( Withania somnifera)、は、インド人参、スリーピングベリー、ウィンターチェリーとも呼ばれ、ナス科に属しています。主にアフリカ、アジア、アラブ世界で栽培されており、特にインド、パキスタン、アフガニスタンで伝統的なアユベディック医学の薬用植物として知られています。植物の葉と根は主にそこで処理されます。これらの部分には最高濃度の有効成分が含まれているからです。一方、苦味のあるベリー、眠っているベリーの種や茎はめったに使用されません。

アシュワガンダ植物の成分と効果

実際の効果はまだ完全に科学的に証明されていませんが、アシュワガンダ植物は多くのプラスの効果があると言われています。しかし、アーユルヴェーダ医学では、睡眠ベリーは睡眠障害や睡眠障害、不安神経症、ストレスの治療薬として特に効果的であることが証明されています。

アシュワガンダはいわゆるアダプトゲンの1つです。これらは薬用植物であり、その作用機序は、ストレスや緊張に適応する私たちの体の能力を高め、悪影響を軽減するのに役立ちます。この作用機序の理由は、それに含まれる栄養素のかなり珍しい組成にあります。研究によると、アシュワガンダの植物にはビタミンやミネラルがほとんど含まれていません。したがって、プラスの効果は、アルカロイドやウィタノリドなど、私たちの体の多くの重要なプロセスに寄与する「二次植物物質」が含まれているためです。アシュワガンダは非常に用途が広く、心と体を落ち着かせバランスをとる効果があるだけでなく、強化と活性化ももたらすと考えられています。

アシュワガンダ植物の陽性特性

  • ストレス耐性を高め、ストレス感を軽減します

  • 眠りにつくことと眠ることを促進する

  • 心を落ち着かせる抗不安作用があります

  • メモリを増やす

  • 血圧とコレステロールを下げる

  • 神経細胞の再生を保護およびサポートします

  • 免疫系と神経系を強化します


アシュワガンダとストレス

一貫して高レベルのストレスは、精神的および肉体的健康の両方に有害です。激しい緊張やストレスがかかると、ストレスホルモンであるコルチゾールが体内に放出され、活性化作用があり、神経系に緊張を与えます。アシュワガンダは、適応性のある薬用植物として、コルチゾールレベルを積極的に低下させます。このようにして、自分自身のストレスの知覚を減らすことができ、同時にストレスに対する一般的な抵抗を強化することができます。アーユルヴェーダの薬用植物には、有害な影響や酸化ストレスから体の細胞を保護する、いわゆる抗酸化物質も豊富に含まれています。眠っているベリーの成分も高血圧を打ち消します。このようにして、リラクゼーションと落ち着きのさまざまなポイントで体と心がサポートされ、強い神経系と高いストレス耐性が促進されます。

アシュワガンダと睡眠

Ashwagandha/Schlafbeere sorgt für guten und verbesserten Schlaf

健康的な睡眠は私たちにとって不可欠です。内面の落ち着きのなさ、ストレス、興奮は、体がより多くのコルチゾールを放出するため、私たちが眠りにつくのを難しくし、睡眠の質を損なう可能性があります。コルチゾールは、有名な睡眠ホルモンメラトニンの拮抗薬として作用します。メラトニンは、睡眠と覚醒のサイクルを調節し、夜になると暗くなると疲れます。夕方のコルチゾールレベルが高すぎると、重要なメラトニン合成が阻害され、自然な睡眠リズムに影響を与えます。これにより、眠りにつくのが難しくなり、睡眠の質が低下します。

アシュワガンダ植物の抽出物は、コルチゾールレベルを下げ、ストレスを軽減し、抗不安作用と鎮静作用もあります。このようにして、体と心はリラックスし、睡眠中の夜行性の休息期と再生に備えることができます。したがって、眠りにつく自然なプロセスは、ホルモンバランスのバランスを取り、内面の平和を促進することによってサポートされます。

したがって、アシュワガンダの根は自然な睡眠促進効果があり、特にストレス関連の睡眠障害を予防するために使用できます。化学睡眠薬とは異なり、それは体がその自然な機能を最適化するのを助け、自然な睡眠パターンを変えることなく眠りに落ちるプロセスをサポートします。

就寝前にリラックスするためのヒントはこちらこちら

アプリケーションと摂取量

Ashwagandha-Wurzel / Extrakt in Pulverform

伝統医学では、豊かな根は非常に加工しやすいため、通常はペーストまたは粉末の形で使用されます。植物の葉はお茶として醸造することもできますが、苦味と比較的効果が低いため、これはあまり一般的ではありません。ヨーロッパでは、アシュワガンダの根の抽出物は栄養補助食品と見なされており、さまざまなカプセルやお茶の製品や純粋な粉末としてますます見られるようになっています。

睡眠を改善するために、就寝前の最後の数時間にそれを取ることをお勧めします。その後、成分はゆっくりとその効果を発揮し、あなたとあなたの睡眠を最もよくサポートします。

結論

  • アシュワガンダ植物/スリーピングベリー/ウィンターチェリーは、ストレス、睡眠障害、不安に対するアーユルヴェーダ医学からの証明された薬用植物です。
  • 特に植物の根には、アルカロイドやウィタノリドなどの効果的な植物化学物質が含まれており、通常、粉末またはカプセルとして使用されます。
  • アシュワガンダは心を落ち着かせ刺激する効果があり、ストレスや睡眠障害に対して特に役立ちます。

おめでとうございます。またお会いしましょう!

コメントを残す

すべてのコメントは公開前に確認されます